2014年

11月

03日

イビツさ、不揃いに愛情を込めるのがヤルヴィです…

accoさんは何十年も変わらず、

型に捉われない事、不揃いやイビツを楽しむ事、綺麗に整えすぎない事、それはいい加減ではなく、愛情をこめてそうする事。

という事に拘りを持っています。

きっちり整った美しい芸術作品や、工芸作品にも敬意を示されていますが、同時に作りすぎない不安定さ、出来上がらなければ分からない一期一会の作品に美しさを感じるている職人さんです。

 

私なんかはタグ1つとっても、全て角ばって、全く同じもの、同じ素材、同じ濃さ、同じ位置、機械で作ったようなものを用意しなければと考えてしまうのですが

それをaccoさんに駄目出しされました(笑)

〝私の作品にそのタグはきっとしっくりいかないよ”と言われ付けてみると・・・

本当にアンバランスでしっくり来ない。

 

〝せめて革の種類にこだわらない事、印の濃さに拘らない事、

ふと手に取ったタグを、ふと取った作品に合せる事。

そうするとなぜかしっくり行くから。”

と言われてそうしてみたら、なんともかわいい・・・

表情が微妙に変わるのだけど、全て良い。そんな作品になりました。

 〝タグの形にさえ捉われない事が出来ればもっと上出来だね”とも(笑)


職人さんは作品と会話をすると言うけれど、こういう事かしら?と

私も少し肌で感じられたような気がする出来事でした。

 

 

 

Address

■住所(事務所)

〒419-0123

静岡県田方郡函南町間宮592

ココロ

 

 

■お問合せ

cocoro8312-jarvi@yahoo.co.jp